DHA・EPAサプリの正しい飲み方

正しい飲み方

血液をサラサラにしたり、脳の機能を高めるDHA・EPAサプリメントですが、より効果を実感したいなら正しい飲み方をする必要があります。
健康食品は薬では無いので、基本いつ飲んでも問題はありません。
ただ、よりDHAなどの吸収をアップするには、いつ飲むのが有効なのでしょう。
吸収率の事を考えるのであれば、食後30分以内に飲むのがおすすめです。
これらの栄養素は脂溶性なので食事と一緒に摂った方が、より吸収が高まります。
逆に空腹時に飲んでしまうと、吸収率が下がってしまうので注意が必要です。
飲む時はコーヒーなど、カフェインが含まれているものは避け水にしましょう。

「イマーク」を飲むタイミングはいつがベスト?

毎日の食事で十分な量の魚を摂取できない場合、サプリで補うことも可能です。
DHAとEPAが豊富に含まれています。1日1本、4週間から12週間続けて飲むことで、中性脂肪の値が、平均約20%減少することが確認されています。このような効果を実感するため、1日1本飲むとして、いつ飲むのがベストなタイミングと言えるのでしょうか?一般的に、DHAやEPAは空腹時に飲むことが推奨されていますので、中性脂肪減少の効果を期待するためには、イマークも空腹時に飲むのがよいでしょう。

DHA・EPAの効果・効能とは?副作用は?サプリ・食品の選び方

DHA・EPAは脳に良い成分とされていますが、その効果が気になっている人もいるでしょう。ちなみに、DHAは脳を構成するおよそ脳細胞膜に存在しており、特に記憶力や学習能力と関係している部分に多く存在しているということです。
そのためDHAは脳の栄養素と呼ばれることもありますし、頭の良さに繋がるとされています。
脳内に取り込まれることで細胞膜をやわらかくしてシナプスを活性化し、脳の伝達性を高める効果が期待できるということです。この成分は魚などに多く含まれていますが、摂取しすぎると副作用のリスクもあります。サプリを利用する場合配合量や値段が選び方のポイントです。

博士が教えるDHAサプリの効果・効能・副作用

様々な健康成分が注目されている現在。その中でも昔から体に良いと言われているのがDHAです。どのような効能があるのか、博士が説明します。中性脂肪・コレステロールの低下、動脈硬化の予防、脳や神経の発達、記憶力・学習能力の向上、視力低下の抑制など多岐にわたります。食事から摂取するのが難しいため、サプリメントを活用する人も多いでしょう。
DHAサプリの副作用はあるのでしょうか。サプリの袋に書いてある用法・用量を守れば問題ありません。しかし、過剰摂取をすると、下痢や吐き気、鼻血を起こす原因にもなりますので注意が必要です。また、飲み合わせに注意したい薬もありますので、薬を飲んでいる人は医師や薬剤師に相談すると良いでしょう。
体に良いDHAは、効果的に摂っていきたい栄養素です。