EPA・DHAはどんな効果があるの!?

よく“EPA・DHA”って聞くけどいったいどんな効果があるの!?副作用は?

身体にいいといわれるDHA・EPAですが、どんな果があるのでしょうか。

中性脂肪が高くなったりコレステロール値が高くなると血液は赤血球が硬くなってドロドロの血液になります。

血流が悪くなると動脈硬化を起こすリスクが高まります。

DHAやEPAは不飽和脂肪酸に含まれていてコレステロール値の上昇を抑制したり、中性脂肪を減らす働きがあること、血圧を下げる効果もあるといわれています。

また認知症にも効果があるといわれているのは脳の神経細胞中のDHAが減っていくのでサプリ等で補ってあげることで脳の機能が回復することや老化を抑えることが期待されています。

では、副作用は心配ないのでしょうか。特に副作用があることはないようですが、1日の摂取量を守ることを心がけましょう。

1日に合わせて3g以上の摂取は避けるようにしましょう。

ほかに気をつけなければならないのは、血液を固まりにくくするお薬を服用されている方はかかりつけの医師にご相談ください。

お魚に多い『DHA』の健康効果、頭が良くなるだけじゃない!?副作用もあり

DHAは、脳の健康に関係しているので、頭がよくなったり、うつ病などの精神病になりにくくなるという効果があります。

副作用もあると言われていますが、1日に3g以上を摂らなければ、問題ないようです。

サプリメントでも、1日あたり300mg~800mgくらいしか含まれて居ないので、副作用が出るほど飲んでしまうことはめったにないでしょう。

マグロの刺身や青魚をたくさん食べた日は、サプリメントはひかえめにしておくのがよいかもしれません。DHAは薬ではなく栄養素なので、よほど摂り過ぎない限りは副作用の心配はありません。

産後うつに魚に多く含まれるDHAで副作用があるってホント?

赤ちゃんに授乳をして、たっぷりと栄養を与えてあげる必要があるので、体内の不飽和脂肪酸が不足しやすくなります。

DHAは青魚に豊富に含まれる不飽和脂肪酸ですが、不足すると産後うつの原因になってしまうため、サプリメントなどで補う必要があります。

DHAは人体に欠かせない栄養素のひとつなので、出産後のデリケートな女性でも副作用の心配がなく、安心して服用ができます。

一日に2、3粒程度が適量になっているので、たっぷりの水で服用して下さい。

もっと読む »

DHAとEPAの効果は?脳の活性化との関係は?

脳の活性化

健康に良い働きがあるとして有名なDHAやEPAですが、さまざまな健康効果の中でも脳の活性化に効果的として注目されています。

その働きとしてDHAは脳の神経細胞の柔軟化を促し、それによってシナプスの神経伝達物質の流れをサポートすることで、記憶力や学習能力をはじめとして脳全体の活性化を促すため、精神を安定させたり認知症の予防などにも良いと期待されている成分です。

またEPAは脳に直接働きかけるわけではありませんが、赤血球の柔軟性を高めるために血流を改善するので血栓予防にもつながり、脳にとっても嬉しい効能があります。

オメガ3系必須脂肪酸による乳がん予防効果のあるDHAとは?

青魚に多く含まれるDHAとは、様々な恩恵を身体にもたらしてくれる素晴らしい栄養素です。効果は色々あるのですが、ここではまず乳がん対策についてとり上げてみましょう。

様々な国が行った実験により、研究グループは「DHAを多く摂取したグループは他グループに比べてがんになりにくい、確率を下げる」という結果を出しました。

DHAとはオメガ3脂肪酸から作られる不飽和脂肪酸の事であり、魚そのものに含まれる不飽和脂肪酸を多く摂ればそれに反比例して発がん確率が下がるのです。

ただし、同じオメガ3脂肪酸でも植物に多く含まれるALAに効果は出ず、DHAやEPAなど魚本来の脂肪酸のみ結果が出たのです。

乳がん確率低下だけではなく美肌やダイエットやメタボリックシンドローム防止など万能効果があるDHA。出来れば毎日摂取しましょう。

うつ病の治療に効果的なEPA(エイコサペンタエン酸)とは?

病院に行くことも必要ですが、治療に役立つと言われている成分にEPAがあります。

精神を安定させる効果が期待されており、今後も注目されていくはずです。EPAとは、健康だけではなくメンタル面にもいい成分です。より高い効果をだすならDHAも摂取するとよいです。

DHAとは、EPAと同じで青魚から摂取することができます。ただし、継続して摂取しなければいけませんので、健康食品なども活用すれば問題ないといえます。

DHAとは、単体でも効果がありますがEPAと一緒に摂取することにより相乗効果があると言われています。

DHA・EPAには本当に血糖値を下げる効果があるのか?食品で気を付けなければいけないこととは?

DHAは記憶力の強化、EPAは血栓予防が代表的な効果ですが、それ以外にも幅広い効果が確認されています。

たとえばDHAは、

悪玉コレステロールを減らして動脈硬化を予防する
血糖値を下げて糖尿病を予防する
脂肪燃焼を促して肥満を改善する

といった働きがあります。

一方EPAは、免疫力を高めて病気を予防したりアレルギー症状を緩和する、精神を安定させてうつ病を改善するなどの効果があります。

これらの成分の両方を同時に摂ると、それぞれの効果が高まります。

これらを多く含む食品は、イワシ、サバ、サンマなどの青魚です。効果的な食べ方は刺身です。

焼く、煮る、揚げるなどの調理をすると、有効成分が流れ出てしまうからです。

またDHAは体内で酸化しやすい性質を持つため、抗酸化食品である緑黄色野菜やゴマと一緒に摂ることをお勧めします。

もっと読む »

DHAとEPAのダイエット食品がスゴい

ダイエットフード

DHAとEPAのダイエット食品がスゴい!痩せホルモン放出も?!

DHAとEPAが含まれる食品やサプリメントには、ダイエット効果があると言われています。

その理由は、DHAとEPAには中性脂肪を効果的に減らす働きがあるからです。そのため健康的に痩せたいという方にはいま注目されている成分なのです。

それだけではなく、肝臓から血液へ中性脂肪が分泌されるのを抑制する働きもあるために、心筋梗塞や脳梗塞などを予防する効果もあります。

花粉症緩和に効果のある食品の魚成分、上手に摂取したいDHAやEPA

アレルギーは身近な病気であり、悩む人も多い症状です。

EPAとDHAに共通する機能としては、いわゆる血液をサラサラにする効果がある血液中のコレステロール値や中性脂肪値を下げ、動脈硬化や心臓病などの生活習慣病の予防に効果があるとされていますが、花粉症などアレルギー疾患の症状を緩和する効果も最近は注目されています。

血液サラサラ効果抜群!ある食品から生まれたDHA・EPAサプリメント

魚によく含まれていると聞くDHAですが、摂取することで血液がサラサラになることをご存知ですか。

DHAを食品から摂ろうとすると、マアジなら150g以上、マイワシなら40g以上、クロマグロ(赤身)なら9人前以上を毎日食べないといけないと言われています。

毎日、しかも沢山の量になるのでなかなか難しいですよね。

だから栄養補助食品としてサプリを飲むのです。

DHA・EPAサプリメントには青魚の血液をサラサラにしてくれる成分が凝縮されて含まれているのでオススメです。

また、血液を綺麗にする以外にも頭がスッキリしたり元気になる作用もあるのがいいですね。

DHA・EPAと一緒にとると効果が高い食品まとめ

DHAとEPAは、血液をさらさらにする効果や認知症予防・改善などで効果があります。

生魚や魚の缶詰め等を食べるだけで効果が得られますが、その効果を食べ合わせの食品でより一層高めることができます。

抗酸化作用のある緑黄色野菜やビタミンCが豊富な果物を一緒に摂取することで、DHA・EPAの効果が高く得られます。

また、セサミンを多く含んでいるゴマには高い抗酸化作用がありますが、殻に覆われているため練りゴマやすりゴマとして一緒に摂取することで、さらなる効果を得る事ができます。

もっと読む »

水銀が含まれないDHAサプリの見極め方とは

水銀

DHAサプリの中には、もちろんそんなことは説明書やパッケージに明記されているはずもありませんが、実は不純物として水銀を含んでいるものがあります。

これはフィッシュオイルという原料に由来するもので、フィッシュオイルを原料としてDHAサプリを製造する限りは避けて通れません。

そこで重要なのが選び方です。不純物の検査をしっかりしているかどうかを確認しましょう。

また、製造工場がしかるべき認定を受けているかどうかというのも一つのポイントになります。

必須ではありませんが、GMP認定とあればかなり安心はできるでしょう。

「AEDクリルオイル」は水銀不検出DHAサプリです

DHAサプリの「AEDクリルオイル」は、(財)日本食品分析センター製品実測値によりますと、水銀やPCB、放射性セシウムなどは一切検出されてはいませんから、安心して摂取することができるDHAサプリといえるでしょう。

アイハーブのDHAサプリには水銀の危険性はない?

アイハーブのDHAサプリには水銀の危険性はありません。

DHAの原料となるフィッシュオイルには、自然界における食物連鎖の結果として水銀が含まれていることがありますので、製造過程できちんと取り除かれ、確実に検査されているかどうかがポイントです。

アイハーブのサプリは、GMPという、医薬品を製造する際に求められる管理基準さえも合格した工場で製造されていますから、安心できるのです。

このGMPというのは一つのキーワードで、サプリを選ぶ際にはGMP基準の工場で製造されているかどうかをチェックするようにしましょう。

もっと読む »

DHA・EPAサプリの正しい飲み方

正しい飲み方

血液をサラサラにしたり、脳の機能を高めるDHA・EPAサプリメントですが、より効果を実感したいなら正しい飲み方をする必要があります。

健康食品は薬では無いので、基本いつ飲んでも問題はありません。

ただ、よりDHAなどの吸収をアップするには、いつ飲むのが有効なのでしょう。

吸収率の事を考えるのであれば、食後30分以内に飲むのがおすすめです。

これらの栄養素は脂溶性なので食事と一緒に摂った方が、より吸収が高まります。

逆に空腹時に飲んでしまうと、吸収率が下がってしまうので注意が必要です。

飲む時はコーヒーなど、カフェインが含まれているものは避け水にしましょう。

「イマーク」を飲むタイミングはいつがベスト?

毎日の食事で十分な量の魚を摂取できない場合、サプリで補うことも可能です。

DHAとEPAが豊富に含まれています。

1日1本、4週間から12週間続けて飲むことで、中性脂肪の値が、平均約20%減少することが確認されています。

このような効果を実感するため、1日1本飲むとして、いつ飲むのがベストなタイミングと言えるのでしょうか?

一般的に、DHAやEPAは空腹時に飲むことが推奨されていますので、中性脂肪減少の効果を期待するためには、イマークも空腹時に飲むのがよいでしょう。

DHA・EPAの効果・効能とは?副作用は?サプリ・食品の選び方

DHA・EPAは脳に良い成分とされていますが、その効果が気になっている人もいるでしょう。

ちなみに、DHAは脳を構成するおよそ脳細胞膜に存在しており、特に記憶力や学習能力と関係している部分に多く存在しているということです。

そのためDHAは脳の栄養素と呼ばれることもありますし、頭の良さに繋がるとされています。

脳内に取り込まれることで細胞膜をやわらかくしてシナプスを活性化し、脳の伝達性を高める効果が期待できるということです。

この成分は魚などに多く含まれていますが、摂取しすぎると副作用のリスクもあります。サプリを利用する場合配合量や値段が選び方のポイントです。

博士が教えるDHAサプリの効果・効能・副作用

様々な健康成分が注目されている現在。その中でも昔から体に良いと言われているのがDHAです。

どのような効能があるのか、博士が説明します。中性脂肪・コレステロールの低下、動脈硬化の予防、脳や神経の発達、記憶力・学習能力の向上、視力低下の抑制など多岐にわたります。

食事から摂取するのが難しいため、サプリメントを活用する人も多いでしょう。

DHAサプリの副作用はあるのでしょうか。

サプリの袋に書いてある用法・用量を守れば問題ありません。

しかし、過剰摂取をすると、下痢や吐き気、鼻血を起こす原因にもなりますので注意が必要です。

また、飲み合わせに注意したい薬もありますので、薬を飲んでいる人は医師や薬剤師に相談すると良いでしょう。

体に良いDHAは、効果的に摂っていきたい栄養素です。

もっと読む »