魚が健康によい証拠は?DHA・EPAの基本

魚が健康によい

誰でも多少の聞き覚えがあるDHAと耳慣れないEPA。両方とも魚を主に食べていると血液がきれいで脳がはっきりしてくる効果のある健康食品やサプリです。
肉や脂主体だといつのまにか体にたまりメタボや動脈硬化につながる不健康な結果になります。
DHAを多く摂ることで内臓から脳からときれいで栄養的で痴呆症などの心配なく長く生きられる効果が出てきます。証拠は血液検査やなんとなく調子の良さに現れて出てきます。肉では馬力のようなエネルギーになりますが、機能的には魚やDHAを多くとった方が体や脳などが若々しくメタボや痴呆症などには生涯なりづらい体になってきます。身近にいるいつまでも元気な方が食事や運動に気をつかっての元気さであったりします。これらは気をつけることで潜在的な効果になって現れます。

DHA・EPAを含む食品とは?青魚がイイの?

青魚というのは、アジ、サンマ、サバ、イワシなどです。ブリやマグロにも、たくさん含まれています。熱に弱い栄養素であるため、刺身で食べるのが、一番良いです。
生で食べる場合には、すじこ、いくらなどにもたくさん含まれています。
焼いて食べる場合には、サバやウナギが良いでしょう。生で食べるか、焼いて食べるかといったように、調理方法によって含有量は変わってきます。
DHA・EPAは食品から食べることが一番良いですが、足りない分はサプリメントで補うようにするとよいでしょう。

種類別!魚に含まれるEPAとDHAの含有量比較と効能について

EPAは、生活習慣病の改善に効果的です。マグロやブリのような脂っこい魚、およびイワシやサバなどの青魚に多く含まれています。

また、DHAは一時期、頭が良くなる成分として話題を呼びましたが、脳内の血管を綺麗にするため、アルツハイマー病予防にも効果があるようです。これが多く含まれる魚の種類は、EPAの場合とほぼ同様です。