DHA効果とおすすめのサプリメント

テレビや雑誌などのメディアでよく取り上げられるDHAは、必須脂肪酸のひとつで、生活習慣病を予防することができるといわれています。

1日に必要な摂取量などの決まりもあるのですが、健康のためを考えると出来るだけDHAは摂り続けたいものなのです。

一般的に食事からはなかなか摂取しづらいので健康食品で補う方が多いです。

タイプはいろいろとありますが、DHAのサプリメントは種類が豊富なので、インターネットを参考にすれば自分に合うものが探し出せることでしょう。

DHAとEPAを魚で取る場合とサプリでとる場合、効能は同じなの?

魚とサプリだと、どっち?マグロや秋刀魚などに含まれるDHAとEPA。

その成分には弱点があって、熱にとても弱いのです。

ですから、魚からDHAとEPAの成分を摂る場合は、刺身で食べる方が一番効率よく、焼き魚として食べたいならアルミホイルで巻いて焼くと良いでしょう。

サプリメントからと考えるのなら、サプリメントはいろいろと大手メーカーが研究に研究をかさねているので安全面を考えても良い摂取方法だと思います。

どちらもその効能は優れていて効果は同じなのでどちらを選んでも良いのではないでしょうか。

DHA・EPAサプリですが、効能書きなどを読んでもとくに飲むべきタイミングまでは書かれていません。

ということは、いつ飲むかによって効果は変わらない、つまり常に同じような効果が得られるということでしょうか。

これは、実は異なります。ただし、効能書きに書かれていないということは、さほど大きく気にする必要はないということでもあります。

医薬品などの場合はいつ飲むかによって効き目や副作用が大きく異なることがありますが、DHA・EPAのサプリの場合はさほどでもありません。

一応は、食事の後に飲むのがよいでしょう。

EPA、DHAを上手に摂るには?効能は何があるの?

体に良いと言われているDHA・EPAですが、具体的にはどのような効能があるのでしょうか。

記憶力・学習能力の向上から、高血圧の改善、中性脂肪の低下、動脈硬化予防、視力の回復や精神を安定させる効果などその効能は多くあり、積極的に摂りたい栄養素の一つです。

ではどうすれば上手に摂ることができるのでしょう。

DHA・EPAは青魚に多く含まれており、お刺身で食べるのが一番良いと言われています。

マグロの刺身だと5切れ程度です。効果を実感するためには3か月は食べ続ける必要があります。

3か月間毎日食べる、となると大変です。

そんな時に活用したいのがサプリメントです。

サプリメントであれば値段も手ごろで、自分の好きなタイミングで飲むことができますので、継続しやすいと思います。

サプリメントを使って、上手にDHA・EPAを摂りましょう。

DHA・EPAサプリメントの効果DHAとは?

DHAとは、ドコサヘキサエン酸と呼ばれるもので、体内ではほとんど作られていないことからも、必須脂肪酸といわれています。

脳が衰えていくのを防いでくれたり、中性脂肪やコレステロールの数値を低下させてくれる効果があるといいます。

DHA・EPAサプリメントでは、どちらの成分も同時に摂り入れることができますので、血流促進や中性脂肪を防ぐなどのうれしい効果をより感じることができるでしょう。

DHAに近いサプリを利用する際の注意点”EPA”とは?

EPAとDHAとはどちらもサプリメント的に用いられることがありますが、注意点としてはまずどちらも脂質の一種には違いないということです。

ですから、摂取し過ぎるとかえって脂肪のとり過ぎということにつながりかねません。

また、あまりにも血液をサラサラにすることで出血が止まりにくくなることもあります。

EPA、DHAを魚で上手に摂るには

EPAとDHAを魚で上手に摂るには、鍋料理を作る方法を実践することがおすすめです。

イワシは骨ごとミンチにして、つみれの状態にして鍋に加えると、全ての栄養を無駄なく摂取できます。

サバは身の部分を丁寧にさばいて、しゃぶしゃぶ鍋にして食べることで、DHAとEPAを両方ともに摂取できます。

マグロやカツオについても、好みの大きさに切ってからは鍋に入れて、好みの野菜も加えて調理すれば健康的な鍋料理になります。

鍋料理が良いのは、DHAを含む油が煮汁に溶け出すため、鍋料理の締めの段階ではご飯などに吸わせて摂取できるためでもあります。

DHA、EPAの健康パワーのヒミツはこれ!効能とは!?

健康パワーのヒミツは?DHAとEPAには血液の質を良くする効能があります。

脳や心臓などの大きな病気を予防することに働きかけてくれているのです。

血管が詰まるや血液が固まるなどなど、その健康パワーが効果を発揮してくれています。

ですから、このDHAやEPAは健康のために体内にたくさん取り入れたい健康成分なのです。

取り入れ方としてはいろいろあるので好きな方法を選ぶようにしましょう。

食べるも良し、飲むのも良しと合うものがあると思います。効果が出るまで個人差がありますが、毎日続けられるかが重要なことで、歯磨きのように毎日のリズムとして日課にしましょう。

ストレス解消法にも良いEPAとDHAの効果の違い

DHAとEPAは一緒に摂ることで相乗効果が生まれるのです。

お互いの良さが混ざることによって、より良い効果があると言われています。

ストレス解消法にも良い効果あって、頭を落ち着かせたりする精神面に働きかけるのです。

病気予防のために、この2つの成分が入るサプリメントや魚をとることで健康的な毎日が送れるようになると思います。

頭がよくなるDHA!魚を食べると記憶力や学習能力が向上するワケ

頭がよくなる!?実はDHAは我々の身体にも元々存在している成分です。

そしてそれがどこに存在しているのかというと、脳の海馬です。

海馬とは記憶力や学習能力を司る部分で、その能力の基となっているのがDHAなのです。

この成分は脳神経の信号の感受性を高める効果があるため、物事を柔軟に考えることができるようになるのです。

このようなことから魚を食べると記憶力や学習能力が向上すると言われているのです。

そのため学習能力の低下や発想力の低下を感じた際には魚料理がおすすめです。

【DHA入り魚肉ソーセージ】による認知機能低下の抑制効果を確認!DHAとは?

魚肉ソーセージにはDHAが含まれろい、それを食べることで高齢者の認知予防や認知機能低下の抑制効果が得られました。

血液中のコレステロール濃度を低くして動脈硬化のリスクを下げるDHAとは体に必須な脂肪酸で、和食の食材である魚や野菜に多く含まれています。

人間の脳、目の網膜、心臓、胎盤や母乳にも含まれていますが、体内では殆ど作られることがないため、食事やサプリから摂取する必要があります。

αリノレン酸の効果は?DHAとは?DHAの生成を助ける驚きの効能

αリノレン酸は、オメガ3脂肪酸の一つであり、クルミやアーモンドなどの食品に多く含まれています。

人間の体内では合成できず、わたしたちの体に無くてはならない必須脂肪酸の一つとして知られています。

この成分は、体内に摂取されると、10~15パーセントがDHAやEPAに変換されるという特徴があります。

DHA は頭の働きを良くする効果があるほか、血流改善や視力を保つ効果もあり、わたしたちの体にとって重要な役割を果たします。

αリノレン酸にはアレルギー症状の緩和、鬱症状を緩和させることも知られており、DHA の生成を助けるだけでなく、成分独自の効果も発揮します。

コレステロール値高めにDHA・EPAはいかが?

コレステロール値が高い方は何でもいいので対策が必要だと思います。

上から読んできた方ならもうお分かりだと思いますが、察しの通り「DHA・EPA」は、その予防や対策にたけているのです。

DHA・EPAは、脂が多い魚や健康食品サプリメントなどで体内に補給できる成分で、コレステロール値を下げる効果は絶賛されています。

DHA・EPAの副作用について
体の中で生まれない成分がDHAとEPAなのです。

まったく作られてないそうですよ。そのため食事から摂取したり、サプリメントなどで補う必要があるのです。

そして、健康に良い成分だからといって摂り過ぎには注意が必要で副作用があったりします。

無理して過剰すぎる成分量を摂る必要はありません。必要な1日分をしっかりと毎日摂るということが重要なのです。用法容量などの決まり事をちゃんと守ることで副作用の問題もひとつクリアできるのではないでしょうか。

お酒などもそうですが、毎日飲み過ぎると健康に悪影響を及ぼし、毎日適量なら健康良いなどと言われていますよね。

幼児用のDHAサプリがあるってご存知ですか?

DHAは幼児が摂取すると、脳の働きが良くなる効果が期待できます。

また、精神的な落ち着きを与える効果もあるため、攻撃性も低下されます。

さて、子どもの場合は大人と比べて必要なDHAの量が少ないです。

そのため大人用のサプリを使うと、多く摂りすぎてしまう恐れがあります。

ですので、できれば幼児専用のサプリメントを使うようにしましょう。

この場合、子どもでも安心して摂取できるよう、水銀などの余計なものが入っていないかしっかり検査している場合が多いです。

また、飲みやすいように粒も小さめになっているため、子どもでもとても飲みやすいものになっています。

もっと読む »

EPA・DHAはどんな効果があるの!?

よく“EPA・DHA”って聞くけどいったいどんな効果があるの!?副作用は?

身体にいいといわれるDHA・EPAですが、どんな果があるのでしょうか。

中性脂肪が高くなったりコレステロール値が高くなると血液は赤血球が硬くなってドロドロの血液になります。

血流が悪くなると動脈硬化を起こすリスクが高まります。

DHAやEPAは不飽和脂肪酸に含まれていてコレステロール値の上昇を抑制したり、中性脂肪を減らす働きがあること、血圧を下げる効果もあるといわれています。

また認知症にも効果があるといわれているのは脳の神経細胞中のDHAが減っていくのでサプリ等で補ってあげることで脳の機能が回復することや老化を抑えることが期待されています。

では、副作用は心配ないのでしょうか。特に副作用があることはないようですが、1日の摂取量を守ることを心がけましょう。

1日に合わせて3g以上の摂取は避けるようにしましょう。

ほかに気をつけなければならないのは、血液を固まりにくくするお薬を服用されている方はかかりつけの医師にご相談ください。

お魚に多い『DHA』の健康効果、頭が良くなるだけじゃない!?副作用もあり

DHAは、脳の健康に関係しているので、頭がよくなったり、うつ病などの精神病になりにくくなるという効果があります。

副作用もあると言われていますが、1日に3g以上を摂らなければ、問題ないようです。

サプリメントでも、1日あたり300mg~800mgくらいしか含まれて居ないので、副作用が出るほど飲んでしまうことはめったにないでしょう。

マグロの刺身や青魚をたくさん食べた日は、サプリメントはひかえめにしておくのがよいかもしれません。DHAは薬ではなく栄養素なので、よほど摂り過ぎない限りは副作用の心配はありません。

産後うつに魚に多く含まれるDHAで副作用があるってホント?

赤ちゃんに授乳をして、たっぷりと栄養を与えてあげる必要があるので、体内の不飽和脂肪酸が不足しやすくなります。

DHAは青魚に豊富に含まれる不飽和脂肪酸ですが、不足すると産後うつの原因になってしまうため、サプリメントなどで補う必要があります。

DHAは人体に欠かせない栄養素のひとつなので、出産後のデリケートな女性でも副作用の心配がなく、安心して服用ができます。

一日に2、3粒程度が適量になっているので、たっぷりの水で服用して下さい。

もっと読む »

DHAとEPAの効果は?脳の活性化との関係は?

脳の活性化

健康に良い働きがあるとして有名なDHAやEPAですが、さまざまな健康効果の中でも脳の活性化に効果的として注目されています。

その働きとしてDHAは脳の神経細胞の柔軟化を促し、それによってシナプスの神経伝達物質の流れをサポートすることで、記憶力や学習能力をはじめとして脳全体の活性化を促すため、精神を安定させたり認知症の予防などにも良いと期待されている成分です。

またEPAは脳に直接働きかけるわけではありませんが、赤血球の柔軟性を高めるために血流を改善するので血栓予防にもつながり、脳にとっても嬉しい効能があります。

オメガ3系必須脂肪酸による乳がん予防効果のあるDHAとは?

青魚に多く含まれるDHAとは、様々な恩恵を身体にもたらしてくれる素晴らしい栄養素です。効果は色々あるのですが、ここではまず乳がん対策についてとり上げてみましょう。

様々な国が行った実験により、研究グループは「DHAを多く摂取したグループは他グループに比べてがんになりにくい、確率を下げる」という結果を出しました。

DHAとはオメガ3脂肪酸から作られる不飽和脂肪酸の事であり、魚そのものに含まれる不飽和脂肪酸を多く摂ればそれに反比例して発がん確率が下がるのです。

ただし、同じオメガ3脂肪酸でも植物に多く含まれるALAに効果は出ず、DHAやEPAなど魚本来の脂肪酸のみ結果が出たのです。

乳がん確率低下だけではなく美肌やダイエットやメタボリックシンドローム防止など万能効果があるDHA。出来れば毎日摂取しましょう。

うつ病の治療に効果的なEPA(エイコサペンタエン酸)とは?

病院に行くことも必要ですが、治療に役立つと言われている成分にEPAがあります。

精神を安定させる効果が期待されており、今後も注目されていくはずです。EPAとは、健康だけではなくメンタル面にもいい成分です。より高い効果をだすならDHAも摂取するとよいです。

DHAとは、EPAと同じで青魚から摂取することができます。ただし、継続して摂取しなければいけませんので、健康食品なども活用すれば問題ないといえます。

DHAとは、単体でも効果がありますがEPAと一緒に摂取することにより相乗効果があると言われています。

DHA・EPAには本当に血糖値を下げる効果があるのか?食品で気を付けなければいけないこととは?

DHAは記憶力の強化、EPAは血栓予防が代表的な効果ですが、それ以外にも幅広い効果が確認されています。

たとえばDHAは、

悪玉コレステロールを減らして動脈硬化を予防する
血糖値を下げて糖尿病を予防する
脂肪燃焼を促して肥満を改善する

といった働きがあります。

一方EPAは、免疫力を高めて病気を予防したりアレルギー症状を緩和する、精神を安定させてうつ病を改善するなどの効果があります。

これらの成分の両方を同時に摂ると、それぞれの効果が高まります。

これらを多く含む食品は、イワシ、サバ、サンマなどの青魚です。効果的な食べ方は刺身です。

焼く、煮る、揚げるなどの調理をすると、有効成分が流れ出てしまうからです。

またDHAは体内で酸化しやすい性質を持つため、抗酸化食品である緑黄色野菜やゴマと一緒に摂ることをお勧めします。

もっと読む »

うつ病にDHA・EPAの摂取が効果があるワケ

うつ病

日本や欧米諸国の研究では、魚を普段から食べている人は、そうでない人に比べて、うつ病による自殺率が少ないという結果が出ており、魚に含まれるDHA・EPAと精神状態との関連性が注目されています。

これらの成分がうつ病の予防や改善に関連する理由は、脳内のセロトニンの働きを高める効果によるものと推測されています。

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、精神の安定に大きくかかわるホルモンです。

DHAとEPAは一緒に飲むと相乗効果により、それぞれの働きが高まります。

身体だけでなく心の病を防ぐためにも、サプリなどで積極的に摂取することをお勧めします。

子供に魚を食べさせてますか?DHAが含まれる食品は?

学習能力や記憶力を向上させる働きを持つDHAは、子供にとって欠かせない成分の一つです。

DHAが多く含まれる食品としては、主に青魚などが挙げられます。

最も理想的な方法はこれらを実際の食事に取り入れることですが、魚が苦手な子供にとっては少し厳しいかもしれません。そんな時には、他の食品にも目を向けてみるようにしましょう。

おすすめなのは、DHAを含んだクッキーやヨーグルトなどです。

たとえ魚が嫌いな子供でも、こうした食品であれば楽しんで食べることができます。子供の好みに合わせて食事も工夫していくようにしましょう。

DHAが豊富な魚・食品と効果的な摂取方法と副作用

DHAやEPAが熱に弱いとはいっても、調理方法にもよりますが、損失率は10%~20%程度であり、それほど損失は大きくはありません。

好きな食べ方で食べるのが一番です。

副作用は1日に3g以上摂取すると出てくる可能性があるようですが、普通に魚を食べているだけなら、心配する必要はありません。

もっと読む »

優れた食品として注目の魚油「DHA」の効果と副作用

魚油

血液脳関門」という言葉があります。脳は必要なものしか取り入れないということですが、DHAはこの関門を突破できる数少ない物質です。そのため認知症予防にも効果があるという報告が近年相次いでいます。

また、網膜関門も突破できますので、目にも良いでしょう。

そして、テレビCMでもよく言われている様に血液をサラサラにして、悪玉コレステロールが溜まるのを防ぎます。

副作用は過剰摂取によるものが大半で、血が止まりにくくなったり血圧が下がり過ぎることがあります。

お魚が好きで毎日食べるという人がサプリメントを使うと、過剰となりやすいので、本当に必要かどうかご検討の上、ご購入ください。

「安心のためにとりあえず使っておこう」は、安心にはなっても安全にはなりません。

DHA・EPAの効果から副作用までを詳しく解説!

血液をサラサラにするという効果があるため、適量を守って摂取を続けるようにしましょう。

大切なのは毎日しっかりと必要量を摂取することであり、1度に大量に摂取しても健康への効果が高まるわけではないのです。

ちなみに、DHA・EPAは合わせて1日1gが適量とされており、1日3g以上の摂取は避けるようにしましょう。

DHA・EPAサプリは効果あり?副作用が起こるとどうなる?

効果的にDHA・EPAを取れるのがサプリメントです。

毎日飲むだけでいいので生活に取り入れやすく、続けやすいため、効果を実感しやすいのではないでしょうか。

では副作用はないのでしょうか。適正量を守れば副作用はありません。また基本的には飲み合わせの悪い薬もありません。

もっと読む »

自然から元気!健康効果のあるDHAとは?

青魚を食べる

DHAとはドコサヘキサエン酸と呼ばれる必須脂肪酸のことで、脳や目、心臓などあらゆる部位の健康を保つために重要な成分です。

ですが、DHAは体内で作られることがほとんどないので自然の食品かサプリメントで補わなければなりません。

DHAとは母乳にも含まれる成分ですので、妊娠中の方も積極的に魚を食べておくのがよいでしょう。

近頃ではうつ病や動脈硬化の予防にも効果的なことが分かってきています。

脳や心の健康のためにもDHAをしっかり摂取して健康な毎日を過ごしましょう。

DHA、EPAを多く含む魚介類 とその効能

加熱に弱く、溶け出しやすい性質があるため、調理の際は蒸し焼きにしたり、煮物の煮汁も飲んだりすると摂取量を高めることができます。

また効能としては、どちらも血液から粘り気を取り去り、サラサラにする作用に優れています。

そのため動脈硬化を発症するリスクを抑え、高血圧を予防します。加えてDHAには、脳の血管を丈夫にする効用があり、認知症の予防効果も期待できます。

DHAがたっぷり摂れるお魚メニュー!

DHAがたっぷりのメニューでは、魚を中心にしながら、一汁三菜の基本を守って作っていきます。

主菜としてイワシのハンバーグを作り、副菜には海藻とシラスの和物を添えれば、DHAの量も安定します。

おでん用のつみれが残っているときには、根菜や豆腐などと合わせて味噌汁を作ることもおすすめです。

忙しい場合には、魚の缶詰も多用すれば、DHAが豊富なメニューに早変わりします。

鮭の水煮缶は、生姜などの薬味と一緒に炊きたてのご飯に混ぜて、適度に味付けすれば最良の混ぜご飯になります。マグロの缶詰は、キノコと合わせて炊き込みご飯にすることも賢い方法です。

DHAが豊富な食品を効率よく摂る料理のポイントから注意点

DHA・EPAを多く含む食品に、サバ・さんま・アジなどの青魚があります。

DHA・EPAは、煮たり焼いたりすると、魚の脂とともに約20%も流れ出てしまいます。

そのため、料理法には注意が必要です。

最も効果的に摂りいれる方法は、生で食べることです。

しかし、毎日お刺身ばかり食べるわけにもいきません。

料理する場合には、ホイル焼きにするなど、流れ出た脂まで残さず食べられるように工夫しましょう。

フライパンで焼く場合は、野菜などと一緒に炒めたり、残った油をソースにしたりすると、流れ出てしまった分まで効率的に摂取できます。

サバの水煮缶など、缶詰からも摂取可能です。

缶詰を利用する場合、汁にもDHAが多く含まれているので、汁までしっかり利用することがポイントです。

もっと読む »

魚が健康によい証拠は?DHA・EPAの基本

魚が健康によい

誰でも多少の聞き覚えがあるDHAと耳慣れないEPA。両方とも魚を主に食べていると血液がきれいで脳がはっきりしてくる効果のある健康食品やサプリです。

肉や脂主体だといつのまにか体にたまりメタボや動脈硬化につながる不健康な結果になります。

DHAを多く摂ることで内臓から脳からときれいで栄養的で痴呆症などの心配なく長く生きられる効果が出てきます。

証拠は血液検査やなんとなく調子の良さに現れて出てきます。

肉では馬力のようなエネルギーになりますが、機能的には魚やDHAを多くとった方が体や脳などが若々しくメタボや痴呆症などには生涯なりづらい体になってきます。

身近にいるいつまでも元気な方が食事や運動に気をつかっての元気さであったりします。これらは気をつけることで潜在的な効果になって現れます。

DHA・EPAを含む食品とは?青魚がイイの?

青魚というのは、アジ、サンマ、サバ、イワシなどです。

ブリやマグロにも、たくさん含まれています。熱に弱い栄養素であるため、刺身で食べるのが、一番良いです。
生で食べる場合には、すじこ、いくらなどにもたくさん含まれています。

焼いて食べる場合には、サバやウナギが良いでしょう。生で食べるか、焼いて食べるかといったように、調理方法によって含有量は変わってきます。

DHA・EPAは食品から食べることが一番良いですが、足りない分はサプリメントで補うようにするとよいでしょう。

種類別!魚に含まれるEPAとDHAの含有量比較と効能について

EPAは、生活習慣病の改善に効果的です。

マグロやブリのような脂っこい魚、およびイワシやサバなどの青魚に多く含まれています。

また、DHAは一時期、頭が良くなる成分として話題を呼びましたが、脳内の血管を綺麗にするため、アルツハイマー病予防にも効果があるようです。

これが多く含まれる魚の種類は、EPAの場合とほぼ同様です。

もっと読む »

魚を食べると頭がよくなる、だけじゃない!

記憶力や集中力を高める

魚を食べると頭がよくなるという話を聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか。

その理由としては、青魚に含まれる多価不飽和脂肪酸のDHAが大きく関係しています。

DHAには記憶力や集中力を高める効果があるので、積極的に摂取することで頭脳明晰に導くことができます。

食事のメニューにサバやカツオやサンマやマグロなどの青魚を取り入れたりサプリメントで摂取したりして健康な体づくりに役立てていきましょう。

コレステロールを下げるてくれるDHAが多く含まれているお魚

コレステロールを下げる作用のあるDHA は、魚に沢山含まれます。

100g当りの含有量を見てみましょう。

クロマグロのトロが3200mg、本マグロのトロが2877mg、ウナギかば焼き1300mg、真サバ塩焼き1500mg、サンマ生1600mgなど、青魚と呼ばれる背の青いものに多く含まれています。

本マグロなら、握りずし1貫で約20gですので、5貫食べれば2877mgものDHAが摂れます。

サプリメントの1日摂取量あたりのDHA含有量は、300~600mg程度です。

悪玉コレステロールを下げると、心筋梗塞や脳梗塞になるリスクが下がります。
毎日1皿、魚料理を食べるのが理想的な食生活です。

DHAとEPAを食品から摂るには魚が一番!

脳神経を活性化させて記憶力の向上などが期待できるDHA、血液の流れをスムーズにして心筋梗塞や、心疾患の予防に効果的と言われているEPAです。

健康的に年齢を重ねていき、日々を過ごしていく時には積極的にDHA、EPAが含まれている食品を摂っていくことがすすめられます。

食品の種類はたくさんありますが、それが含まれているのは魚介類だけなのです。

もっと読む »

DHAとEPAのダイエット食品がスゴい

ダイエットフード

DHAとEPAのダイエット食品がスゴい!痩せホルモン放出も?!

DHAとEPAが含まれる食品やサプリメントには、ダイエット効果があると言われています。

その理由は、DHAとEPAには中性脂肪を効果的に減らす働きがあるからです。そのため健康的に痩せたいという方にはいま注目されている成分なのです。

それだけではなく、肝臓から血液へ中性脂肪が分泌されるのを抑制する働きもあるために、心筋梗塞や脳梗塞などを予防する効果もあります。

花粉症緩和に効果のある食品の魚成分、上手に摂取したいDHAやEPA

アレルギーは身近な病気であり、悩む人も多い症状です。

EPAとDHAに共通する機能としては、いわゆる血液をサラサラにする効果がある血液中のコレステロール値や中性脂肪値を下げ、動脈硬化や心臓病などの生活習慣病の予防に効果があるとされていますが、花粉症などアレルギー疾患の症状を緩和する効果も最近は注目されています。

血液サラサラ効果抜群!ある食品から生まれたDHA・EPAサプリメント

魚によく含まれていると聞くDHAですが、摂取することで血液がサラサラになることをご存知ですか。

DHAを食品から摂ろうとすると、マアジなら150g以上、マイワシなら40g以上、クロマグロ(赤身)なら9人前以上を毎日食べないといけないと言われています。

毎日、しかも沢山の量になるのでなかなか難しいですよね。

だから栄養補助食品としてサプリを飲むのです。

DHA・EPAサプリメントには青魚の血液をサラサラにしてくれる成分が凝縮されて含まれているのでオススメです。

また、血液を綺麗にする以外にも頭がスッキリしたり元気になる作用もあるのがいいですね。

DHA・EPAと一緒にとると効果が高い食品まとめ

DHAとEPAは、血液をさらさらにする効果や認知症予防・改善などで効果があります。

生魚や魚の缶詰め等を食べるだけで効果が得られますが、その効果を食べ合わせの食品でより一層高めることができます。

抗酸化作用のある緑黄色野菜やビタミンCが豊富な果物を一緒に摂取することで、DHA・EPAの効果が高く得られます。

また、セサミンを多く含んでいるゴマには高い抗酸化作用がありますが、殻に覆われているため練りゴマやすりゴマとして一緒に摂取することで、さらなる効果を得る事ができます。

もっと読む »

水銀が含まれないDHAサプリの見極め方とは

水銀

DHAサプリの中には、もちろんそんなことは説明書やパッケージに明記されているはずもありませんが、実は不純物として水銀を含んでいるものがあります。

これはフィッシュオイルという原料に由来するもので、フィッシュオイルを原料としてDHAサプリを製造する限りは避けて通れません。

そこで重要なのが選び方です。不純物の検査をしっかりしているかどうかを確認しましょう。

また、製造工場がしかるべき認定を受けているかどうかというのも一つのポイントになります。

必須ではありませんが、GMP認定とあればかなり安心はできるでしょう。

「AEDクリルオイル」は水銀不検出DHAサプリです

DHAサプリの「AEDクリルオイル」は、(財)日本食品分析センター製品実測値によりますと、水銀やPCB、放射性セシウムなどは一切検出されてはいませんから、安心して摂取することができるDHAサプリといえるでしょう。

アイハーブのDHAサプリには水銀の危険性はない?

アイハーブのDHAサプリには水銀の危険性はありません。

DHAの原料となるフィッシュオイルには、自然界における食物連鎖の結果として水銀が含まれていることがありますので、製造過程できちんと取り除かれ、確実に検査されているかどうかがポイントです。

アイハーブのサプリは、GMPという、医薬品を製造する際に求められる管理基準さえも合格した工場で製造されていますから、安心できるのです。

このGMPというのは一つのキーワードで、サプリを選ぶ際にはGMP基準の工場で製造されているかどうかをチェックするようにしましょう。

もっと読む »